ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
My Twitter
  • takahashiさんのエントリ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 無線LANアクセスポイントの設定(802.11ac編)

ヘッダーナビゲーション

無線LANアクセスポイントの設定(802.11ac編)2016/03/13 11:47 am

無線LANアクセスポイントの設定で、いわゆる5GHz帯を使う802.11acについてのTipsです。詳しい話はググると沢山出てくるので、実際に経験した事をもとにしてもポイントだけを書いてみます。

802.11acでは使える帯域というかチャネルブロックがいくつかあります。
・J52(IEEE 802.11a/n) :34/38/42/46ch 
・W52(IEEE 802.11a/n/ac):36/40/44/48ch
・W53(IEEE 802.11a/n/ac):52/56/60/64ch
・W56(IEEE 802.11a/n/ac):100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
…ですが、J52はもう使われていない(日本だけで使われた古い規格)ので、実質はW52,W53,W56の3つのチャネルブロックがあると思ってください。

結論から言うと、相当よく調べて理解していないと、どう設定してよいか解りません。そういう場合には、W52だけを指定しておいた方が良いです。

W53とW56は気象レーダーが使われていないか起動時及び定期的に調べていて、レーダー波を感知するとチャンネルを自動的に移動させます。この際、子機との連携がうまくいかないと子機からはいきなり電波が途絶えた(切断された)ように見えて接続が一時的に切れてしまいます。

また、携帯端末(特にAndroid系)ではW52でしか接続できない機器もあるので、設定に迷ったらW52だけを使うように無線LANアクセスポイントを設定すると良いです。
※iPhoneはW52・W53どちら(両方)でも接続可能です。

--◇--

このエントリーの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

Calendar
ブログ カレンダー
« « 2016 7月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
TS3
TS3 Minolin server TeamSpeak Viewer