By the sweat of our brows and the strength of our backs… and the courage of our hearts. Gentlemen, Hoist the colors!

Lonnieの保守サービス

  • HOME »
  • Lonnieの保守サービス

保守というとハードウェア保守が一般的です。つまり機械が故障したら修理もしくは交換しますというサービスです。もちろん、ハードウェア保守としてはこれで充分ですが、問題は『何が、どう故障したか?』を誰が判断するか?…という事です。

一昔前とは異なり、現在では色々なメーカーの機器が相互に接続され、連携して動いているので、単にその機器が担当しているサービスが動かなくなったからといって、ハードウェアの故障と簡単には判断できません。

もちろん電源が入らない、入っていても何も反応がない…等々、ハードウェアの故障が容易に判断できる場合であれば良いのですが、実際には不具合の原因をすぐに特定出来る事は難しい事が多く、しかも、お客様のシステム担当者が技術者ではない場合、障害原因の特定や切り分けを行うのは相当難易度が高く、保守会社とのやり取りにも苦労されている事が多いようです。

 基本に立ち返った保守サービス

保守サービスとは、社内システムが何事もなく正常に稼働していて、あたかも電気・ガス・水道のように、使えるのが当たり前といった状態を保持することを目指します。

これには、障害発生時の対応は勿論ですが、問題が発生していない日常の稼働状態(正常な)を把握することがとても重要です。つまり、正常値をわかっていないと、何をもって異常か?という判断ができないからです。

この為、Lonnieが提供する保守サービスには、必ず監視システムを同時に導入します。監視システムは死活監視に加えて、リソース監視も稼働させます。リソース監視によって、監視対象のCPU負荷やHDDの容量、メモリの使用量、また通信量や通信エラー等、機器の動作状況をモニターします。

   

 アクティブ保守

リソース監視は、導入した直後には効果はありませんが、数ヶ月たつと、監視対象の時系列的な変化や毎日どのようなサービスが稼働しているか、ネットワークの負荷やシステムを利用するクライアントの操作動向等、ドキュメントには表現できない様々なシステム環境が見えてきます。

障害発生時に、お客様からの報告によって対応する、受け身な保守サービスから、各監視対象機器のログを定期的に精査し、リソース監視情報から、お客様のシステム環境を読み解き、現場からの報告より早く、システムの異常を検知・予測して能動的に対応するという、アクティブ保守サービスを提供します。

また、稼働中のシステムを精査・ドキュメント化し、脆弱な点・改善した方が良い点等の提案を行い、日々少しずつ堅牢なシステムへ向けて改善のお手伝いをしています。

 概算の料金 ※平日対応(9時~17時

Lonnieの保守サービスは、毎月定額の基本保守費に加えて、保守対象機器について設備保守費が発生します。また、設備保守費は、ハードウェア保守とソフトウェア保守に別れます。
※リモートでの監視及び対応が基本ですが、障害内容によっては現場での対応(オンサイト保守)も行います。

ハードウェア保守は、保守対象機器がLonnieのレンタルである場合は不要です。新規に購入もしくは、既に購入されている機器が対象となり、故障時の修理費(部品代+作業費)が無料になります。

ソフトウェア保守は、機器に対する設定のバックアップや設定変更を何回でも行います。特別な追加料金は必要ありません。機器を入れ換えた場合の再設定も含まれます。

  出張費やその他経費

※東京23区内であれば、出張費はありません。東京から100km以内は出張費8,000円に加えて交通費(実費)が発生します。100kmを越える遠隔地は、交通費+宿泊費に加えて日当20,000円/日が必要となります。前泊が必要の場合は、前泊日の日当は10,000円(半額)となります。

■以上は、基本的な料金なので業務内容によって金額は変化します。見積りやご相談はもちろん無料ですので、お気軽にコンタクトフォームからお問い合わせ下さい。

Feel free to contact us. TEL 03-4520-8224 Mon to Fri AM9:00 - PM6:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © Lonnie&Associates co.,ltd. All Rights Reserved.